過酷!! 福井のピレネー超えろ! - ロードバイクの選び方が初心者だった俺・・・今は??

ロードバイクアイテム

 備品類ランキング   ウエア類ランキング   パーツ類ランキング   消耗品ランキング 
メーター.jpg ウエア.jpg ホイール.jpg チューブ.jpg

過酷!! 福井のピレネー超えろ!

過酷なロードバイクの旅から帰ってきました。

6時半からライドに出て、帰宅は17時。
奥さんはとても機嫌が悪い。。。(泣)



↓↓↓↓↓福井ピレネーを完走した労いのポチっをお願いします! 疲れが吹っ飛びます!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





福井のピレネー縦走ルートをご存知か?

ヒルクライム専用というか、そりゃ〜過酷です。

ロード初めて2ヶ月半程度の俺ごときが過酷といったら
笑われそうですが、そりゃ〜過酷だった。

一緒に行っていたヒルクライム好きや、ロードバイク乗りの
諸先輩達が次々と足が売り切れ、
つったりしている状況を見ても過酷だということがわかる。



より大きな地図で 県道115号線 までのルート を表示


朝8時に鳴鹿の堰で待ち合わせ。

今日の過酷さをよく理解してなかった俺は無謀にも
美山⇒永平寺越えのプチヒルクライムコースをアップ程度にと考え、
待ち合わせ前に走っていくこととした。

後にこの判断が思いっきり失敗だったわけだがね。。。


美山⇒永平寺 頂上のトンネル
20100912 001.jpg

永平寺手前の橋
20100912 002.jpg


この待ち合わせ場所までですでに40km。
プチヒルクライムコースのせいで若干足が重い。。。


鳴鹿堰到着
20100912 003.jpg



本日、ロードバイクのライドメンバーは4人。

堀川氏、通称「弟」、廣田氏、やまちゃん。


やまちゃんは無謀にもMTB。俺と2人きりのときならまだしも。。
ツワモノが揃うメンバーで、MTBでついて来れるのだろうか...



そんな懸念を胸に、鳴鹿堰から休みながらではあるが、
ジャム有料道路までライド。

休みながらではあるが、巡航は28km/h。
休みながらの原因はやまちゃんであることは言うまでもない。。。

しかしながら、俺も足に疲労を感じ、この後のライドがちと心配...(爆)


ジャムのタイヤ交換場
20100912 004.jpg



ジャムの有料道路が最初の難関。
明日行われるヒルクライムレースのコースとなっている。


ヒルクライム大好きなクライマーの堀川氏はグイグイ飛ばす。
誰もついていけない。。。

俺はこの有料道路がヒルクライムコースとして最大の難関だと思っていたら、
ここは単なる前菜に過ぎないことを後で知ることになった。





とはいえ、日ごろの成果なのかジャムの有料道路を登りきってから
足がよく回るようになってきた。。

「まだ行けそうだな...」



ジャムは本日MTB祭り。
結構な人がいる。明日はヒルクライムロードバイク祭りらしい。。。

やまちゃんの居場所はここだなぁ。。と冗談を交えながら、
しばしの休憩を取る。



ジャムは自然に囲まれとてもいいところだが、未だに有料道路として
お金を徴収しているのがイマイチ伸び悩んでいる一つの要因だと、つくづく思う。

いい温泉や施設があるのに、しつこく有料道路にしている時点で
人の入りが伸び悩んでいることに気付かないのだろうか・・・

というか、有料道路の料金所で二人も待機させているスタッフの
日当を考えれば、採算合わないかトントンだろうよ。。

せめてスキーシーズン以外は無料開放にすべきやな。
ほんと、頭悪いな〜と思う他ない。。

ちなみに自転車でも70円取られます。。。それってどうなん。。。


ジャムにて
20100912 005.jpg



そんなことを考えながら、ここからヒルクライム本番となる
福井ピレネー縦走ルートに入っていく。

それでも俺はすぐに終るもんだと思っていた。

というか、それはルートを考えた通称「弟」も
同じくそう思っていたし、メンバー全員が軽い気持であったのだ。



「ここから少し登ったところに絶景ポイントがあるんスよ。」

通称「弟」は言った。

「写真取りながらゆっくり行きましょう」



そもそも、こんな言葉が出る時点で俺は登ったらすぐ終るんだろうな。。
と舐めてかかってしまったんだなぁ。。。

このヒルクライム御用達の
クライマーしか立ち入ることを許さない福井ピレネー縦走ルートを。。


ジャム中腹のリフト
20100912 006.jpg

勝山恐竜博物館が見えるよ〜
20100912 007.jpg


この時点で・・
絶景ポイントで写真を撮って、はい終了!!
という気持ちで達成感に満ちてしまった。

ここからがヒルクライム御用達。
福井ピレネー縦走ルートの本番スタート。。



少し登ったところから、緩やかな下りが続く。
このまま下山だな〜っという状況から一変。
今度は延々と続くのぼりに変わる。

と思いきやまた下り。

このアップダウンの起伏が果てしなく続く。
体力面はさることながら、気持ちが折れる。

後から気付く。さすが縦走ルート。。。



下りに差し掛かると「やっと終わりか...」と
思わせておいて、また登り。

その登りもちょっとした下りの中でのちょい登りではなく、
しっかりとした登りが続くもんだから
気持ちもペース配分がおかしくなる...

仲間は堀川氏以外は足が売り切れ状態。
廣田氏は足がつり、やまちゃんは自転車引いて歩いている。。。

ダメだこりゃぁ。。と思いつつも
俺はなんとか上りきった。(自己満足)




そんなこんなを繰り返し、到達したのは
頂上と思われる大野勝山の市境付近。。


絶景ポイントでパチリ
20100912 009.jpg

なんか記念碑がある
20100912 010.jpg


ここがゴールだと思ったら、そこからまた少しアップダウンがある。
その後は急な下り坂が延々続いた。

実は俺、下りが苦手だ。

腰が痛くなるし、ブレーキつかみ過ぎて
握力がなくなる。。。

特にグレーチングがかなり多く。パンクが心配でかなり気を遣う。。。






下るだけ下ると六呂師高原。

せっかくなので寄ってアイスクリームを食べる。
生き返ったなぁ。。うまかった。

ロードバイク乗りにアイスは付き物。
血糖値の上がりすぎはご注意だが...



広大な六呂師高原
20100912 011.jpg

ペンション
20100912 012.jpg



コースの山場をなんとか終えたものの、
六呂師から家路までは、まだまだ道のりが遠い。

ただ、あれだけ過酷だったヒルクライム御用達の
福井ピレネー縦走ルートを制したせいか、
疲労はピークを超え、逆に漕ぎ足だけは惰性で踏める。

そこから疲れながらも意外とスムーズに家路についた。




今回同行したメンバーは、楽しかったけど1年に一回でいいとか、
思った感じと違った。。。とか口々に福井ピレネー縦走ルートを
安易な気持ちで臨んだことの愚かさを反省したとともに、
完走した達成感でええ顔してはった。。。



過酷さと、その後の達成感を味わうなら
福井ピレネー縦走ルートをお勧めするよ。

これから紅葉の季節と相まって、
それはそれは素晴らしいコースになること間違いなし!

ヒルクライム御用達の福井ピレネー縦走ルートに臨むのであれば
水分を十分確保して臨んでください。

自販機ないからね〜。



本日走行距離:150.47km
AV:23.7km/h
MX:57.0km/h
所要時間:6時間20分


自己最高距離更新。山ばっか走っていたから、この150kmは価値があるな〜。。



タグキーワード
2010-09-12 | Comment(10) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんちはですー。
これまたスゴーいルート行ったんだねぇ(^_^;)
ボクも以前、勝山のヒルクライムレースに何度か出たことあるんだけど、
ホテル裏のつづら折りの坂は、まさしく拷問だと思うよね(^_^;)
あの辺りはホントに気持ちイイんだけど、まだ暑くて、アブやヤブ蚊が多すぎて困ります。
たぶん来月半ばくらいになればもっと快適にライドできると思いますよ。
お疲れ様でしたー(^^)/
Posted by F RIDER KICK at 2010.09.12 11:24
★F RIDER KICKさん

毎度です。

予想以上に過酷でした。


ただ、僕らは遊びのヒルクラですから、レース時の強度とわけが違います。。

あれがレースだったら、無理っす。


でも、来年あたり片っ端からヒルクラレース出てるかも。。w
Posted by サクジ at 2010.09.12 16:03
ご訪問ありがと〜ございますっ

時々のぞかせていただきますね☆
Posted by yuni at 2010.09.13 17:12
こんばんは
ようやく貼りました。宜しくお願いいたします^^
縦走おつかれさまでした。dst、Av、えらいと思います。写真の多さからみますと、まだまだ行けたのでは?(笑)
Posted by 原賀de太蔵 at 2010.09.13 20:25
★yuniさん

ありがとうございます!

いやいや...写真撮る名目で休んでますからね。。w

鼻歌まじりで縦走できるレベルになれれば最高のコースですが...来年はがんばりますw
Posted by サクジ at 2010.09.13 22:27
すごいですね。
お仲間のみなさんもぐいぐいと登って
楽しそうです。
坂は辛いですがそこがまたいいと
Mの世界に入っていってしまいます。
また遊びに来ますね。
Posted by ききょうや at 2010.09.14 06:35
★ききょうや

はい。Mにどっぷりはまってしまっているようです。

坂はツライだけだと思っていたんですが、登山にもにた感覚がありますね。

達成したときドーパミン噴射で心が満たされますw
Posted by サクジ at 2010.09.14 10:41
★ききょうやさん

失礼しました。「さん」付忘れました。。。
Posted by サクジ at 2010.09.14 10:42
はじめまして。
いいルートを知ることが出来ました(^-^)
参考にさせてもらいます!!
Posted by at 2014.08.30 13:07
クマがでるので春先はやめた方がいいですよ。
Posted by サク at 2014.09.11 11:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

テスト
Copyright © ロードバイクの選び方が初心者だった俺・・・今は?? All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。